<< 医療事務の取得期間の目安・傾向 | main | 医療事務の通信講座 >>

スポンサーサイト

  • 2016.03.15 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


医療事務合格率・合格ライン

[がくぶん]の通信教育講座で学べば医療事務合格率・合格ラインをクリアできます。

医療事務の資格は日本医療事務協会の資格です。

医療事務の資格を取得するには、日本医療事務協会が実施する医療事務検定試験に合格する必要があります。

「がくぶん」の医療事務の通信講座を受講しませんか。

「がくぶん」は伝統と実績がある通信教育機関です。

「がくぶん」の医療事務講座は日本医療事務協会が実施する医療事務検定試験に対応しています。

通信教育の医療事務講座で医療事務スタッフに必要な知識とノウハウを習得してください。

次に、医療事務合格率・合格ラインを予測します。

1)医療事務合格率・合格ライン

医療事務合格率・合格ラインをクリアする方法は、通信教育講座を利用したマイペース学習です。

「がくぶん」の通信教育講座は内容をシッカリと習得することです。

通信教育の「がくぶん」の医療事務講座を利用して、日本医療事務協会の医療事務検定試験対策をしませんか。

通信教育講座は通学不要で決められた講座時間割がありません。

家事や育児の合間のスキマ時間を利用して医療事務のノウハウを学習できます。

2)コースで違う

「がくぶん」の通信教育の医療事務合格率・合格ラインはコースによって違います。

「がくぶん」の医療事務講座には医科コースと歯科コースがあります。

医科コースの標準受講期間は6ヶ月です。

歯科コースの標準受講期間は4ヶ月です。

標準受講期間から考えると医科コースよりも歯科コースの方の合格可能性が少しアップします。

医科コースの方が学習する内容が多くなります。

3)医科コース

「がくぶん」の通信教育の医科コースと歯科コースの医療事務合格率・合格ラインは、標準受講期間から予測すると医科コースが難しくなります。

医科コースの医科メイン教材は、テキスト1・医科メインテキスト2・医科メインテキスト3です。

サポート教材の医科ワークブック・医科サポートブック・診療報酬明細書・医科レポート集になります。

医科コースでは医科コンピュータの基礎も学べるのでお得です。

「がくぶん」の医療事務講座の歯科コースは医科コースよりも標準受講期間が短くなっています。

歯科コースのメイン教材は、歯科コース テキスト「歯科医療事務の実際」(基礎編・応用編)とテキスト「歯科助手の基本知識」になります。

「がくぶん」医療事務の通信講座には標準受講期間6ヶ月の医科コースと標準受講期間4ヶ月の歯科コースが用意されています。

通信教育の「がくぶん」の医療事務講座で学んで、日本医療事務協会の医療事務検定試験に合格してください。







スポンサーサイト

  • 2016.03.15 Tuesday
  • -
  • 21:58
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク