スポンサーサイト

  • 2016.03.15 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


医療事務の志望動機

医療事務の志望動機には家事や育児と両立して働きたいなどがあります。

医療事務の資格があれば、家事や育児などのライフスタイルに合わせた勤務スタイルで働けます。

医療事務スタッフは全国の病院や診療所などの医療機関で求められています。

近所の病院や診療所で医療事務スタッフとして働くなら医療事務の資格取得をおススメします。

医療事務を取得するなら、「がくぶん」の医療事務の通信講座をおススメします。

「がくぶん」の通信教育の医療事務講座は日本医療事務協会が実施する医療事務検定試験に対応しています。

「がくぶん」の医療事務講座は通信教育講座なので自宅でライフスタイルに合わせてマイペースで学習できます。

家事や育児の合間のスキマ時間を利用して「がくぶん」の通信教育講座で学べます。

次に、医療事務の志望動機について紹介します。

1)家事と育児と両立

医療事務の志望動機には家事や育児と両立して働きたいなどがあります。

病院や診療所などの医療機関で働いている医療事務スタッフには家事や育児と両立しているケースが多いようです。

医療事務スタッフの仕事は近所の病院・診療所・歯科診療所にあります。

家事や育児と仕事を両立させたい女性におススメの仕事です。

パートナーの転勤や妊娠・出産・育児などで職場を離れたあとの女性の再就職対策には資格があれば有利になります。

結婚・妊娠・出産・育児などで離職する女性には医療事務をおススメします。

2)自宅で資格取得

医療事務の志望動機には自宅で資格を取得できるからというのもあります。

仕事にはいろいろな資格があります。国家・公的・民間の資格を取得して仕事に活かしている人も多くいます。

国家資格のような難関資格を取得するのは困難でも、民間資格なら自宅での通信教育講座で取得できます。

近所の病院や診療所で医療事務スタッフとして働くのに有利な医療事務資格を取得しませんか。

「がくぶん」の通信教育の医療事務講座を受講すれば、家事や育児の合間のスキマ時間を利用して学べます。

3)世帯収入の安定

終身雇用から成果主義のシステムへの変化から世帯主である男性の収入が不安定になっています。

世帯収入の安定のために主婦や高齢者の就労も多くなっています。

世帯収入の安定のためなども医療事務の志望動機にあります。

家事や育児と両立して働く女性に人気があるのが医療事務スタッフです。

近所の病院や診療所などの医療機関で医療事務スタッフとして働ければ世帯収入を安定させることができます。

「がくぶん」の医療事務の通信講座で知識とノウハウを習得して資格を取得しませんか。

資格を取得すれば家事や育児と両立して近所の病院や診療所などの医療機関で働けます。

世帯収入の安定のために「がくぶん」の通信教育講座を利用して医療事務を取得してください。






医療事務に求められる能力

医療事務に求められる能力は計算とコミュニケーションとIT機器操作スキルです。

病院や診療所などの医療機関で働いている医療事務スタッフの仕事には、診療受付・電話応対・患者接遇・診療案内・診療費会計・カルテ管理・処方箋管理・備品管理・保険点数算定・レセプト(診療報酬明細書)作成&点検があります。

「がくぶん」の医療事務の通信講座では医療事務スタッフに必要な知識とノウハウを学べます。

医療事務スタッフは、医事コンピュータ&ソフトを操作して診療受付・診療案内・診療費会計・保険点数算定・レセプト(診療報酬明細書)作成&点検の仕事をしています。

「がくぶん」の医療事務の通信教育講座を受講しませんか。

通信教育講座のメリットは通学不要で決められた講座時間がないことです。

家事や育児で忙しくても仕事の合間のスキマ時間を利用して学べます。

次に、医療事務に求められる能力の紹介をします。

1)医療事務スタッフの能力

医療事務に求められる能力は、患者や医療スタッフとのコミュニケーション・IT機器の操作スキル・点数算定やレセプト(診療報酬明細書)作成&点検などです。

「がくぶん」の通信教育の医療事務講座では、病院・診療所などの医療機関で必要になる知識やノウハウを学べます。

医療事務スタッフとして活躍できる知識やノウハウがあれば、近所の病院や診療所で働けます。

近所の病院や診療所などの医療機関で医療事務スタッフとして活躍しませんか。

「がくぶん」の通信教育の医療事務講座で学ぶ内容は、病院の概要や医療保障制度のしくみ・診療報酬請求事務の基本・レセプト(診療報酬明細書)の基礎知識・外来や入院の点数算定とレセプト(診療報酬明細書)の作成と点検・老人保健・公費負担医療・医事コンピュータなどです。

2)診療報酬明細書と点数算定

医療事務に求められる能力のメインは、保険点数算定とレセプト(診療報酬明細書)の作成・点検です。

保険診療で発生する診療報酬の明細書がレセプト(診療報酬明細書)です。

レセプト(診療報酬明細書)は、医療機関(病院・診療所・歯科診療所・保険薬局)が保険者(市町村や健康保険組合等)に診療報酬を請求するときの医療費明細書になります。

レセプト(診療報酬明細書)は、患者が医療機関(病院・診療所・歯科診療所・保険薬局)に支払った残りの診療費を保険者に請求するときの明細書です。

保険診療ではレセプト(診療報酬明細書)が必ず発生します。

「がくぶん」の通信教育の医療事務講座ではレセプトのことを学べます。

3)IT機器の操作スキル

医療事務に求められる能力ではIT機器の操作スキルがあります。

病院・診療所・歯科診療所などの医療機関での医療事務処理には、IT機器を使って業務を処理します。

医事ソフトとパソコン操作スキルがなければ、点数算定やレセプト(診療報酬明細書)作成・点検スキルがあっても業務処理ができません。

IT機器操作スキルがあれば、保険診療費会計・点数算定・レセプト(診療報酬明細書)作成&点検もスムーズに処理できます。

「がくぶん」の医療事務の通信講座で医療事務スタッフに必要な知識とノウハウを習得できます。

医療事務スタッフに必要なのは、患者や医療スタッフとのコミュニケーション・IT機器の操作スキル・点数算定やレセプト(診療報酬明細書)作成&点検です。





医療事務に向いている人・向いていない人

医療事務に向いている人・向いていない人について考えると、細かい計算やコミュニケーションを苦手としない人に向いているのではないでしょうか。

病院・診療所・歯科診療所で働く医療事務スタッフには、点数算定・レセプト(診療報酬明細書作成・レセプト(診療報酬明細書)点検や医事コンピュータの操作が求められます。

診療会計や患者接遇や電話応対などもあるので、患者とのコミュニケーションや医療スタッフとのコミュニケーションも求められます。

「がくぶん」の医療事務の通信講座では医療事務スタッフに必要な知識とノウハウを学べます。

病院・診療所・歯科診療所などの医療機関で求められる医療事務処理に必要な知識とノウハウを習得するなら、通信教育機関の「がくぶん」をおススメします。

伝統と実績がある「がくぶん」の医療事務の通信教育講座内容は、日本医療事務協会が実施する医療事務検定試験に対応しています。

自宅で家事や育児の合間の時間を利用して医療事務の知識とノウハウを学んでください。

次に、医療事務に向いている人・向いていない人について紹介します。

1)医事ソフト&パソコン

医療事務に向いている人・向いていない人を考えるとIT利用のOA機器の操作や医事ソフトやパソコンの操作がポイントになりそうです。

病院・診療所などの医療機関ではIT利用のOA機器の操作スキルや医事ソフト&パソコン操作スキルが大切です。

ITやOA機器・医療ソフト&パソコンを操作して医療事務の仕事を処理するケースが多くなっています。

保険診療費の会計・レセプト(診療報酬明細書)作成・診療予約・カルテ管理・処方箋管理・勤務シフト調整などの多くはソフト&パソコンを利用した処理になっています。

2)コミュニケーションスキル

医療事務に向いている人・向いていない人ではコミュニケーションスキルがポイントになります。

医療事務スタッフは患者と医療スタッフの間に発生する仕事を処理します。

医療事務スタッフには、医療スタッフと患者とのコミュニケーションスキルが求められます。

医療スタッフとのコミュニケーションは点数算定やレセプト(診療報酬明細書)作成・点検時に必要になります。

患者とのコミュニケーションは、患者接遇・電話応対・診療案内・診療費会計などの仕事で必要になります。

3)レセプト作成と点検

医療事務に向いている人・向いていない人では、点数算定やレセプト(診療報酬明細書)作成・点検のスキルもポイントになると考えられます。

医療事務スタッフに求められる最も大切な仕事は、点数算定・レセプト(診療報酬明細書)の作成・点検です。

「がくぶん」の医療事務の通信教育講座では、

・病院の概要・医療保障制度のしくみ

・ 請求事務の基本・レセプト(診療報酬明細書)の基礎知識

・外来と入院の点数算定とレセプト(診療報酬明細書)の作成

・老人保健・公費負担医療・医事コンピュータを学習します。

「がくぶん」で、点数算定・レセプト(診療報酬明細書)作成と点検を学べば医療事務スタッフとして活躍できます。

「がくぶん」の医療事務の通信講座を受講しませんか。

医療事務スタッフには、医事ソフト&パソコン操作スキル・コミュニケーションスキル・点数算定やレセプト(診療報酬明細書)の作成&点検の知識とノウハウが求められます。