スポンサーサイト

  • 2016.03.15 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


医療事務と調剤薬局事務の違い

医療事務と調剤薬局事務の違いはレセプトの違いになります。

医療事務も調剤薬局事務も民間資格です。

公的資格(医師・看護師・介護士)ではありませんが、医療事務スタッフとして必要な知識とノウハウを習得している証明になります。

「がくぶん」には調剤薬局事務と医療事務の通信講座が用意されています。

近所の病院・診療所・歯科診療所で医療事務スタッフとして働くなら、医療事務講座をおススメします。

近所の保険薬局で働くなら調剤薬局事務講座をおススメします。

「がくぶん」の医療事務講座と調剤薬局事務講座は通信教育なので、家事や育児や会社勤務に忙しい女性でも学習を続けられます。

「がくぶん」の医療事務の知識とノウハウは病院・診療所・歯科診療所で働くときに役立ちます。

「がくぶん」の調剤薬局事務の知識とノウハウは保険薬局で働くときに役立ちます。

次に、医療事務と調剤薬局事務の違いについて紹介します。

1)病院と保険薬局

医療事務と調剤薬局事務の違いは、医療事務スタッフや調剤薬局事務スタッフとして働く医療機関の違いになります。

「がくぶん」の医療事務講座では病院・診療所・歯科診療所で必要とされる知識とノウハウを学びます。

「がくぶん」の調剤薬局事務講座では保険薬局で必要とされる知識とノウハウを学びます。

医療事務スタッフは病院・診療所・歯科診療所などの医療機関で活躍しています。

調剤薬局事務スタッフは、保険薬局などの医療機関で活躍しています。

2)「がくぶん」で学ぶ医療事務

「がくぶん」の通信教育の医療事務と調剤薬局事務の違いは講座の違いになります。

「がくぶん」の通信教育の医療事務講座には医科コースと医科DVDコースと歯科コースがあります。

医科コースや医科DVDコースでは、病院・診療所で必要な医療事務の知識とノウハウを習得します。

歯科コースでは、歯科診療所で必要な医療事務の知識とノウハウを習得します。

「がくぶん」の通信教育の医療事務講座では、病院・診療所で求められる医療保険制度・診療点数算定・診療報酬明細書(レセプト)作成・点検等の知識とノウハウを学べます。

3)「がくぶん」で学ぶ調剤薬局事務

「がくぶん」の通信教育の医療事務と調剤薬局事務の違いは講座内容です。

「がくぶん」の通信教育の調剤薬局事務講座では、医療保険制度に基づいて国や保険期間に調剤報酬請求事務関連の知識とノウハウを学びます。

レセプト(調剤報酬明細書)作成実務や医療保険制度のことをしっかりと学べます。

「がくぶん」の調剤薬局事務講座や医療事務の通信講座が人気です。

「がくぶん」の医療事務講座には医科コース・医科DVDコース・歯科コースがあります。

医療事務講座では病院や診療所などの医療機関で必要な知識とノウハウを学びます。

調剤薬局事務講座では保険薬局で必要な知識とノウハウを学びます。





医療事務の通信講座

医療事務の通信講座を選ぶなら「がくぶん」にしませんか。

医療事務検定試験を実施する日本医療事務協会にも通信教育講座があります。

伝統と実績のある「がくぶん」の通信教育講座も日本医療事務教育協会の講座も内容は同じです。

「がくぶん」の医療事務の通信講座は日本医療事務協会の日本医療事務検定試験に対応した講座内容になっています。

「がくぶん」の通信教育システムは初めての人でもスムーズに講座を進められるようにつくられています。

「がくぶん」の医療事務講座は通信教育なので通学不要で決められた講座時間もありません。

家事や育児の合間のスキマ時間を利用して効率よく学習を進められます。

家事や育児のために通学制の講座に通えない女性や、会社勤務が忙しくて通学制講座に通えない女性が多く受講しています。

次に、医療事務の通信講座について紹介します。

1)日本医療事務協会の通信教育

医療事務の通信講座を実施している団体は日本医療事務教育協会と「がくぶん」になります。

日本医療事務教育協会と「がくぶん」の医療事務講座を修了すれば、日本医療事務教育協会から医療事務の認定を受けられます。

日本医療事務教育協会には通学制の講座も用意されています。

家事や育児や会社勤務などで通学して講座を受講するのが難しい女性に通信教育講座をおススメします。

通学制の講座に通える人は通学コースを利用すれば短期間で資格を取得できます。

2)「がくぶん」の通信教育

「がくぶん」の医療事務の通信講座は優良講座として認められています。

社)日本通信教育振興協会には生涯学習奨励講座として認定されています。

社)全国産業人能力開発団体連合会には優良講座として認定されています。

日本通信教育振興協会は、民間社会通信教育の健全な発展向上を図るために設立された団体です。

全国産業人能力開発団体連合会は産業人の能力開発を実施するために設立された団体です。

優良講座として認められている「がくぶん」の通信教育の医療事務講座で学びませんか。

3)通信教育講座のメリット

「がくぶん」の医療事務の通信講座のメリットを紹介します。

・「がくぶん」の通信教育講座(医療事務講座)は日本医療事務教育協会が実施する医療事務検定試験に対応しています。

・日本通信教育振興協会と全国産業人能力開発団体連合会から優良講座として認定されています。

・通学不要の通信教育講座です。

・決められた講座時間がないのでライフスタイルに合わせて学習できます。

・家事や育児や会社勤務に忙しい女性におススメの講座です。

「がくぶん」の医療事務の通信講座は、日本通信教育振興協会と全国産業人能力開発団体連合会から優良講座として認定されています。

家事や育児や会社勤務に忙しい女性におススメの通信教育講座です。日本医療事務教育協会が実施する医療事務検定試験に対応した講座です。






医療事務合格率・合格ライン

[がくぶん]の通信教育講座で学べば医療事務合格率・合格ラインをクリアできます。

医療事務の資格は日本医療事務協会の資格です。

医療事務の資格を取得するには、日本医療事務協会が実施する医療事務検定試験に合格する必要があります。

「がくぶん」の医療事務の通信講座を受講しませんか。

「がくぶん」は伝統と実績がある通信教育機関です。

「がくぶん」の医療事務講座は日本医療事務協会が実施する医療事務検定試験に対応しています。

通信教育の医療事務講座で医療事務スタッフに必要な知識とノウハウを習得してください。

次に、医療事務合格率・合格ラインを予測します。

1)医療事務合格率・合格ライン

医療事務合格率・合格ラインをクリアする方法は、通信教育講座を利用したマイペース学習です。

「がくぶん」の通信教育講座は内容をシッカリと習得することです。

通信教育の「がくぶん」の医療事務講座を利用して、日本医療事務協会の医療事務検定試験対策をしませんか。

通信教育講座は通学不要で決められた講座時間割がありません。

家事や育児の合間のスキマ時間を利用して医療事務のノウハウを学習できます。

2)コースで違う

「がくぶん」の通信教育の医療事務合格率・合格ラインはコースによって違います。

「がくぶん」の医療事務講座には医科コースと歯科コースがあります。

医科コースの標準受講期間は6ヶ月です。

歯科コースの標準受講期間は4ヶ月です。

標準受講期間から考えると医科コースよりも歯科コースの方の合格可能性が少しアップします。

医科コースの方が学習する内容が多くなります。

3)医科コース

「がくぶん」の通信教育の医科コースと歯科コースの医療事務合格率・合格ラインは、標準受講期間から予測すると医科コースが難しくなります。

医科コースの医科メイン教材は、テキスト1・医科メインテキスト2・医科メインテキスト3です。

サポート教材の医科ワークブック・医科サポートブック・診療報酬明細書・医科レポート集になります。

医科コースでは医科コンピュータの基礎も学べるのでお得です。

「がくぶん」の医療事務講座の歯科コースは医科コースよりも標準受講期間が短くなっています。

歯科コースのメイン教材は、歯科コース テキスト「歯科医療事務の実際」(基礎編・応用編)とテキスト「歯科助手の基本知識」になります。

「がくぶん」医療事務の通信講座には標準受講期間6ヶ月の医科コースと標準受講期間4ヶ月の歯科コースが用意されています。

通信教育の「がくぶん」の医療事務講座で学んで、日本医療事務協会の医療事務検定試験に合格してください。







医療事務の取得期間の目安・傾向

医療事務の取得期間の目安・傾向は、「がくぶん」と日本医療事務協会の医療事務講座のサイトで確認できます。

「がくぶん」の医療事務の通信講座のサイトを覗いてみませんか。

「がくぶん」の通信教育の医療事務講座は(社)日本通信教育振興協会の生涯学習奨励講座と(社)全国産業人能力開発団体連合会の優良講座として認められています。

「がくぶん」の通信教育の医療事務講座は、学習の進み具合が分かるステップアップ学習方式を採用しています。

カルテ見本を使って専任講師が個別指導するので知識・ノウハウをスムーズに習得できます。

家事や育児が忙しい女性でも通学不要の通信教育講座ならばスムーズに学習を進められます。

家事や育児の合間のスキマ時間を利用して医療事務の知識とノウハウを習得しませんか。

次に、医療事務の取得期間の目安・傾向を紹介します。

1)医療事務のコース

医療事務の取得期間の目安・傾向は医科コースと歯科コースで異なります。

「がくぶん」の医療事務講座は3つのコースが用意されています。

医科コース・医科DVDコース・歯科コースの3コースです。

平均的な学習方法で講座を修了できる期間を標準受講期間と呼びます。

医科コース・医科DVDコース・歯科コースでは標準受講期間が違います。

医科コース・医科DVDコースの標準受講期間は6ヶ月です。

歯科コースの標準受講期間は4ヶ月です。

医科コースでは病院・診療所で必要な医療事務関係の知識とノウハウを学びます。

歯科コースでは歯科診療所で必要な医療事務関係の知識とノウハウを学びます。

2)医科コースと医科DVDコース

医療事務の取得期間の目安・傾向は、医科コースと医科DVDコースでは同じです。

医科DVDコースは医科コースにDVDを活用したコースになります。

医科コースの講座では、・病院の概要・医療保険制度のしくみ

・請求事務の基本・レセプト(診療報酬明細書)の基礎知識

・外来と入院の点数算定とレセプト(診療報酬明細書)の作成

・老人保健・公費負担医療・医事コンピュータを学びます。

医科コースの教材を紹介します。

医科メインテキスト1・2・3、医科ワークブック、医科サポートブック、レセプト(診療報酬明細書)、医科レポート集、医科コンピュータの基礎です。

3)歯科コース

歯科コースの医療事務の取得期間の目安・傾向を紹介します。

歯科コースの医療事務講座で学ぶのは、医療保険制度のしくみ・請求事務の基本・レセプト(診療報酬明細書)の基礎知識や点数算定とレセプト(診療報酬明細書)の作成です。

歯科コースの教材は、テキスト「歯科助手の基本知識」、学習サポートブック、点数早見表、練習問題集(学科・実技)になります。

「がくぶん」の医療事務の通信講座には医科コース・医科DVDコース・歯科コースがあります。

医科コースは標準受講期間6ヶ月、歯科コースは標準受講期間4ヶ月です。

医療事務講座では、医療保険制度のしくみ・請求事務の基本・レセプト(診療報酬明細書)の基礎知識や点数算定とレセプト(診療報酬明細書)作成を学びます。








医療事務資格取得方法

医療事務資格取得方法を選ぶなら「がくぶん」の通信教育講座をおススメします。

「がくぶん」の通信教育の医療事務講座は(社)日本通信教育振興協会の生涯学習奨励講座に認められています。

(社)全国産業人能力開発団体連合会の優良講座としても認定されています。

「がくぶん」の通信教育講座には伝統と実績があります。

「がくぶん」医療事務の通信講座は日本医療事務協会の医療事務検定試験に対応した講座内容になっています。

初心者でもスムーズに学べる「がくぶん」の通信教育システムは優れています。

医療事務講座で学ぶ、診療報酬明細書(レセプト)の作成・点検などや医療保険制度関係の専門知識がなくてもスムーズに学習を進められます。

「がくぶん」の医療事務講座のポイントを紹介します。・初めてでも安心のステップアップ学習方式

・学習の進み具合が分かる優れた通信教育システム

・カルテ見本を使った専任講師による個別指導

・標準受講期間6ヶ月で医療事務の知識とノウハウを習得できる

・医療事務講座修了者はソラストにスタッフ登録して就業サポートを受けられるなどがあります。

次に、医療事務資格取得方法を紹介します。

1)通信教育講座で学ぶ

医療事務資格取得方法では、「がくぶん」の通信教育講座を利用した学習方法をおススメします。

医療事務の知識とノウハウを習得する方法には3つの方法があります。

通学制の講座で学習して医療事務検定試験対策をする方法。

独学で学習して医療事務検定試験対策をする方法。

「がくぶん」の通信教育講座で学習して医療事務検定試験対策をする方法があります。

通学制の講座は家事や育児がある女性には困難です。

家事や育児と両立して医療事務を学ぶなら通信教育講座をおススメします。

2)医療事務の習得

医療事務資格取得方法は家事や育児と両立して「がくぶん」の通信教育講座で学ぶことです。

「がくぶん」の医療事務講座の標準受講期間は6ヶ月なので、無理のないマイペース学習が可能です。

学習の進み具合が分かるステップアップ学習方式なので、確実に知識とノウハウを習得できます。

「がくぶん」の医療事務講座では、

・病院の概要や医療保障制度のしくみ

・請求事務の基本やレセプト(診療報酬明細書)の基礎知識

・外来や入院の点数算定・レセプト(診療報酬明細書)の作成&点検

・老人保健・公費負担医療・医事コンピュータなどを学びます。

3)ライフスタイルに合わせて

「がくぶん」の通信教育講座のメリットは自宅で家事や育児と両立してライフスタイルに合わせて学べることです。

自宅でリラックスしてマイペースで学べる医療事務資格取得方法をおススメします。

「がくぶん」の通信教育の医療事務講座を利用してライフスタイルに合わせて学びませんか。

「がくぶん」の医療事務の通信講座は、

・家事や育児と両立してライフスタイルに合わせて学べる

・学習の進み具合が分かるステップアップ学習方式の優れた通信教育システム

・専任講師による個別指導

・標準受講期間6ヶ月で学べるなどのメリットがあります。






医療事務の資格取得のメリット

医療事務の資格取得のメリットは、家事や育児と両立して医療事務スタッフとして医療機関で働けることです。

「がくぶん」の通信教育の医療事務講座を修了して近所の病院や診療所で働きませんか。

「がくぶん」医療事務の通信講座は、日本医療事務協会の医療事務検定試験に対応しています。

「がくぶん」の通信教育の医療事務講座修了で医療事務資格を取得できます。

伝統と実績がある通信教育機関の「がくぶん」の医療事務講座は(社)日本通信教育振興協会の生涯学習奨励講座に認定されています。

(社)全国産業人能力開発団体連合会の優良講座にも認定されています。

優良講座に認定されている通信教育講座で学んで、医療事務スタッフとして求められる知識とノウハウを習得してください。

家事や育児と仕事を両立させなければならない女性は、近所に職場を見つけなければ働けません。

医療事務の資格は、近所の職場でライフスタイルに合わせた勤務スタイルで働くのに便利です。

医療事務の資格取得のメリットは近所の医療機関(病院・診療所・歯科診療所)で医療事務スタッフとして働けることです。

全国に約18万の病院・診療所・歯科診療所があるといわれています。

「がくぶん」の通信教育の医療事務講座を受講して医療事務資格を取得しませんか。

次に、医療事務の資格取得のメリットを紹介します。

1)医療機関の事務スタッフ

医療事務の資格取得のメリットは医療機関で医療事務スタッフとして働けることです。

病院・診療所・歯科診療所は全国に約18万あります。

「がくぶん」の通信教育の医療事務講座を利用して資格を取得すれば、近所の病院や診療所などの医療機関への就職に有利になります。

家事や育児と両立させて近所の医療機関(病院・診療所)で医療事務スタッフとして働いている女性も多くいます。

2)ソラストの就業サポート

「がくぶん」の通信教育講座の医療事務の資格取得のメリットは就業サポートが受けられることです。

「がくぶん」の通信教育の医療事務講座を修了すればソラストにスタッフ登録できます。

ソラストにスタッフ登録して就業サポートを受ければ、近所の病院や診療所などの医療機関への就職が有利になります。

「がくぶん」の通信教育の医療事務講座を家事・育児の合間に学んで医療事務資格を取得してください。

講座を修了してソラストにスタッフ登録をして就業サポートをうけましょう。

3)資格取得のメリット

医療事務の資格取得のメリットは勤務スタイルを選べることです。

家事や育児に忙しい女性はライフスタイルに合わせた勤務スタイルを望んでいます。

家事や育児と両立してパートやアルバイトとして働く女性におススメの資格は医療事務です。

30代〜50代の中年女性のパートやアルバイトの仕事の多くは、派遣社員・食品工場勤務・コンビニエンスストア勤務・スーパーマーケット勤務などになります。

多くの中年女性が働いている食品工場やコンビニエンスストアやスーパーでは突然の時間超過勤務が常態化しています。

残業や突然の勤務シフトの変更が困難な女性には医療事務資格取得をおススメします。

「がくぶん」の通信教育講座で資格を取得して、病院・診療所などの医療機関でライフスタイルに合わせた勤務スタイルで働きませんか。

「がくぶん」の医療事務の通信講座で資格を取得して、近所の病院や診療所などの医療機関で働きませんか。

講座を修了してソラストにスタッフ登録して就業サポートを受ければ就職が有利になります。

家事や育児などのライフスタイルに合わせた勤務スタイルで働きましょう。






医療事務の資格概要

医療事務の資格概要は日本医療事務協会や「がくぶん」の医療事務講座のサイトで紹介されています。

日本医療事務協会は医療事務検定試験を実施する団体です。

「がくぶん」は伝統と実績がある通信教育機関です。

「がくぶん」の医療事務の通信講座は、日本医療事務協会が実施する医療事務検定試験に対応しています。

医療事務講座を受講して医療事務検定試験に合格して医療事務スタッフとして働きませんか。

医療事務の資格があれば近所の病院や診療所などの医療機関で働けます。

医療事務講座は通信教育講座です。

通信教育講座のメリットは通学不要で決められた時間割がないことです。

通学不要なので自宅でライフスタイルに合わせて通信教育講座で学べます。

家事や育児の合間のスキマ時間を利用して資格を取得しませんか。

次に、医療事務の資格概要を紹介します。

1)医療事務の資格

日本医療事務協会と「がくぶん」のサイトで医療事務の資格概要を確認してください。

医療事務は医師や看護師や介護士のような公的資格ではありません。

日本医療事務協会が認定する民間資格です。

医療事務関係の資格は認定する団体の数だけあります。

民間資格(医療事務)を選ぶときのポイントは医療業界に認知されている資格を選ぶことです。

日本医療事務協会が認定する医療事務の資格は、病院や診療所などの医療機関でも知られています。

民間資格ですが、病院・診療所などの医療機関で医療事務スタッフとして働くときに役立ちます。

2)医療事務の講座

「がくぶん」のサイトで医療事務の資格概要を調べられます。

「がくぶん」の通信教育講座は家事や育児の合間のスキマ時間を利用して学べます。

「がくぶん」の医療事務講座は(社)全国産業人能力開発団体連合会の優良講座や、(社)日本通信教育振興協会の生涯学習奨励講座に認定されています。

通信教育の医療事務講座では、

・病院の概要・医療保障制度のしくみ

・請求事務の基本・レセプトの基礎知識

・外来と入院の点数算定とレセプト(診療報酬明細書)の作成&点検

・老人保健・公費負担医療・医事コンピュータなどを学びます。

3)通信教育の医療事務講座

「がくぶん」の通信教育講座のサイトには医療事務の資格概要が紹介してあります。

・講座概要には、学習の進み具合が確認できるステップアップ学習方式の採用

・カルテ見本を使った専任講師による個別指導などが紹介してあります。

「がくぶん」の通信教育講座を利用すれば初めての人でも実務に役立つ知識とノウハウを約6ヶ月で習得できます。

「がくぶん」の医療事務講座には医科コースと歯科コースがあります。

通信教育の医療事務講座を修了すればソラストにスタッフ登録ができます。

ソラストの就業サポートを受ければ医療機関(病院・診療所)等への就職も有利になります。

「がくぶん」の医療事務の通信講座は通学不要で決められた講座時間がありません。

家事や育児の合間のスキマ時間を利用して学習を進められます。

通信教育の医療事務講座修了者はソラストにスタッフ登録して就業サポートを受けられます。






医療事務の志望動機

医療事務の志望動機には家事や育児と両立して働きたいなどがあります。

医療事務の資格があれば、家事や育児などのライフスタイルに合わせた勤務スタイルで働けます。

医療事務スタッフは全国の病院や診療所などの医療機関で求められています。

近所の病院や診療所で医療事務スタッフとして働くなら医療事務の資格取得をおススメします。

医療事務を取得するなら、「がくぶん」の医療事務の通信講座をおススメします。

「がくぶん」の通信教育の医療事務講座は日本医療事務協会が実施する医療事務検定試験に対応しています。

「がくぶん」の医療事務講座は通信教育講座なので自宅でライフスタイルに合わせてマイペースで学習できます。

家事や育児の合間のスキマ時間を利用して「がくぶん」の通信教育講座で学べます。

次に、医療事務の志望動機について紹介します。

1)家事と育児と両立

医療事務の志望動機には家事や育児と両立して働きたいなどがあります。

病院や診療所などの医療機関で働いている医療事務スタッフには家事や育児と両立しているケースが多いようです。

医療事務スタッフの仕事は近所の病院・診療所・歯科診療所にあります。

家事や育児と仕事を両立させたい女性におススメの仕事です。

パートナーの転勤や妊娠・出産・育児などで職場を離れたあとの女性の再就職対策には資格があれば有利になります。

結婚・妊娠・出産・育児などで離職する女性には医療事務をおススメします。

2)自宅で資格取得

医療事務の志望動機には自宅で資格を取得できるからというのもあります。

仕事にはいろいろな資格があります。国家・公的・民間の資格を取得して仕事に活かしている人も多くいます。

国家資格のような難関資格を取得するのは困難でも、民間資格なら自宅での通信教育講座で取得できます。

近所の病院や診療所で医療事務スタッフとして働くのに有利な医療事務資格を取得しませんか。

「がくぶん」の通信教育の医療事務講座を受講すれば、家事や育児の合間のスキマ時間を利用して学べます。

3)世帯収入の安定

終身雇用から成果主義のシステムへの変化から世帯主である男性の収入が不安定になっています。

世帯収入の安定のために主婦や高齢者の就労も多くなっています。

世帯収入の安定のためなども医療事務の志望動機にあります。

家事や育児と両立して働く女性に人気があるのが医療事務スタッフです。

近所の病院や診療所などの医療機関で医療事務スタッフとして働ければ世帯収入を安定させることができます。

「がくぶん」の医療事務の通信講座で知識とノウハウを習得して資格を取得しませんか。

資格を取得すれば家事や育児と両立して近所の病院や診療所などの医療機関で働けます。

世帯収入の安定のために「がくぶん」の通信教育講座を利用して医療事務を取得してください。






医療事務に求められる能力

医療事務に求められる能力は計算とコミュニケーションとIT機器操作スキルです。

病院や診療所などの医療機関で働いている医療事務スタッフの仕事には、診療受付・電話応対・患者接遇・診療案内・診療費会計・カルテ管理・処方箋管理・備品管理・保険点数算定・レセプト(診療報酬明細書)作成&点検があります。

「がくぶん」の医療事務の通信講座では医療事務スタッフに必要な知識とノウハウを学べます。

医療事務スタッフは、医事コンピュータ&ソフトを操作して診療受付・診療案内・診療費会計・保険点数算定・レセプト(診療報酬明細書)作成&点検の仕事をしています。

「がくぶん」の医療事務の通信教育講座を受講しませんか。

通信教育講座のメリットは通学不要で決められた講座時間がないことです。

家事や育児で忙しくても仕事の合間のスキマ時間を利用して学べます。

次に、医療事務に求められる能力の紹介をします。

1)医療事務スタッフの能力

医療事務に求められる能力は、患者や医療スタッフとのコミュニケーション・IT機器の操作スキル・点数算定やレセプト(診療報酬明細書)作成&点検などです。

「がくぶん」の通信教育の医療事務講座では、病院・診療所などの医療機関で必要になる知識やノウハウを学べます。

医療事務スタッフとして活躍できる知識やノウハウがあれば、近所の病院や診療所で働けます。

近所の病院や診療所などの医療機関で医療事務スタッフとして活躍しませんか。

「がくぶん」の通信教育の医療事務講座で学ぶ内容は、病院の概要や医療保障制度のしくみ・診療報酬請求事務の基本・レセプト(診療報酬明細書)の基礎知識・外来や入院の点数算定とレセプト(診療報酬明細書)の作成と点検・老人保健・公費負担医療・医事コンピュータなどです。

2)診療報酬明細書と点数算定

医療事務に求められる能力のメインは、保険点数算定とレセプト(診療報酬明細書)の作成・点検です。

保険診療で発生する診療報酬の明細書がレセプト(診療報酬明細書)です。

レセプト(診療報酬明細書)は、医療機関(病院・診療所・歯科診療所・保険薬局)が保険者(市町村や健康保険組合等)に診療報酬を請求するときの医療費明細書になります。

レセプト(診療報酬明細書)は、患者が医療機関(病院・診療所・歯科診療所・保険薬局)に支払った残りの診療費を保険者に請求するときの明細書です。

保険診療ではレセプト(診療報酬明細書)が必ず発生します。

「がくぶん」の通信教育の医療事務講座ではレセプトのことを学べます。

3)IT機器の操作スキル

医療事務に求められる能力ではIT機器の操作スキルがあります。

病院・診療所・歯科診療所などの医療機関での医療事務処理には、IT機器を使って業務を処理します。

医事ソフトとパソコン操作スキルがなければ、点数算定やレセプト(診療報酬明細書)作成・点検スキルがあっても業務処理ができません。

IT機器操作スキルがあれば、保険診療費会計・点数算定・レセプト(診療報酬明細書)作成&点検もスムーズに処理できます。

「がくぶん」の医療事務の通信講座で医療事務スタッフに必要な知識とノウハウを習得できます。

医療事務スタッフに必要なのは、患者や医療スタッフとのコミュニケーション・IT機器の操作スキル・点数算定やレセプト(診療報酬明細書)作成&点検です。





医療事務に向いている人・向いていない人

医療事務に向いている人・向いていない人について考えると、細かい計算やコミュニケーションを苦手としない人に向いているのではないでしょうか。

病院・診療所・歯科診療所で働く医療事務スタッフには、点数算定・レセプト(診療報酬明細書作成・レセプト(診療報酬明細書)点検や医事コンピュータの操作が求められます。

診療会計や患者接遇や電話応対などもあるので、患者とのコミュニケーションや医療スタッフとのコミュニケーションも求められます。

「がくぶん」の医療事務の通信講座では医療事務スタッフに必要な知識とノウハウを学べます。

病院・診療所・歯科診療所などの医療機関で求められる医療事務処理に必要な知識とノウハウを習得するなら、通信教育機関の「がくぶん」をおススメします。

伝統と実績がある「がくぶん」の医療事務の通信教育講座内容は、日本医療事務協会が実施する医療事務検定試験に対応しています。

自宅で家事や育児の合間の時間を利用して医療事務の知識とノウハウを学んでください。

次に、医療事務に向いている人・向いていない人について紹介します。

1)医事ソフト&パソコン

医療事務に向いている人・向いていない人を考えるとIT利用のOA機器の操作や医事ソフトやパソコンの操作がポイントになりそうです。

病院・診療所などの医療機関ではIT利用のOA機器の操作スキルや医事ソフト&パソコン操作スキルが大切です。

ITやOA機器・医療ソフト&パソコンを操作して医療事務の仕事を処理するケースが多くなっています。

保険診療費の会計・レセプト(診療報酬明細書)作成・診療予約・カルテ管理・処方箋管理・勤務シフト調整などの多くはソフト&パソコンを利用した処理になっています。

2)コミュニケーションスキル

医療事務に向いている人・向いていない人ではコミュニケーションスキルがポイントになります。

医療事務スタッフは患者と医療スタッフの間に発生する仕事を処理します。

医療事務スタッフには、医療スタッフと患者とのコミュニケーションスキルが求められます。

医療スタッフとのコミュニケーションは点数算定やレセプト(診療報酬明細書)作成・点検時に必要になります。

患者とのコミュニケーションは、患者接遇・電話応対・診療案内・診療費会計などの仕事で必要になります。

3)レセプト作成と点検

医療事務に向いている人・向いていない人では、点数算定やレセプト(診療報酬明細書)作成・点検のスキルもポイントになると考えられます。

医療事務スタッフに求められる最も大切な仕事は、点数算定・レセプト(診療報酬明細書)の作成・点検です。

「がくぶん」の医療事務の通信教育講座では、

・病院の概要・医療保障制度のしくみ

・ 請求事務の基本・レセプト(診療報酬明細書)の基礎知識

・外来と入院の点数算定とレセプト(診療報酬明細書)の作成

・老人保健・公費負担医療・医事コンピュータを学習します。

「がくぶん」で、点数算定・レセプト(診療報酬明細書)作成と点検を学べば医療事務スタッフとして活躍できます。

「がくぶん」の医療事務の通信講座を受講しませんか。

医療事務スタッフには、医事ソフト&パソコン操作スキル・コミュニケーションスキル・点数算定やレセプト(診療報酬明細書)の作成&点検の知識とノウハウが求められます。






calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM